埼玉県さいたま市の見沼たんぼのハイキングコースは、ウォーキングだけでなく野鳥観察や歴史・文化の観光スポット、直売所など楽しみ満載です。

HOME >> ハイキングコース > ハイキングコース詳細

ハイキングコース詳細

首都圏北の玄関口〜豊かな地域文化との接点(北部)

氷川神社 北沢楽天といっても、今、知る人は少なく、我が国近代漫画の先駆者といってもマンガ家を志す少年たちさえ、ほとんど知らないと思われます。 明治時代半ば、「ポンチ絵」「おとぼけ絵」と呼ばれ、卑俗、低級の代名詞のように言われてさげすまれた漫画を、福沢諭吉のすすめで的確なデッサン力を駆使して知識人の鑑賞にも勘えるものに高めました。 明治38年(1905)時事新報主筆としてわが国初の四色刷りマンガ雑誌「東京パック」を創刊した人、と言われてもまだお分かりにならない方はぜひこのコースをじっくりと歩かれることをおすすめします。

 大宮氷川神社は、武蔵から相模一帯に強い信仰の根を張りめぐらした氷川神社二百八十余社の総社で大いなる宮「大宮」の地名ともなった社など、関東〜東北民俗文化の香が、街路の諸々に立ちのぼる首都圏中枢域の心のふるさとです。

また皇女和宮の江戸入府の安全を見守り、支えた交通の要衝(中継地)はその後、JR東北本線(現宇都宮線)、上信越本線(現高崎線)に引き継がれ、東京ディスニーランドと並ぶ子供の人気スポット「てっぱく」(鉄道博物館)として今に受け継がれています。

そのため明治・大正〜昭和初期には作家や文化人の往来も多く、数々の名作誕生の隠れスポットにもなっています。

盛時、『作家の鎌倉、画家の浦和』と並び称された世評のおこりも、こんな大いなる宮居のまちの文化遺産でしょう。

 額の汗をぬぐってせかせかと訪ね歩く歴史散歩でなくて臍下丹田に見沼の風を招じて瞳をあげる心の旅こそ、このコースの醍醐味と信じます。

 

コース詳細

コース JR大宮駅 → 中山道 → 氷川神社第二鳥居 → 西角井家・東角井家 → 氷川神社大宮公園県立歴史と民俗の博物館盆栽村・盆栽美術館 → 東武野田線 大宮公園駅
その他立ち寄り地 漫画会館
距離/所要時間 約4km / 約4時間
最寄駅 最初のガイド地:JR大宮駅、最終のガイド地:J東武野田線大宮公園駅
トイレポイント JR大宮駅、盆栽美術館漫画会館、東武野田線大宮公園駅
AED設置箇所 JR大宮駅、東武野田線大宮公園駅

氷川神社第2鳥居

大宮公園

県立歴史と民俗の博物館

盆栽村

大宮盆栽美術館

漫画会館

コース一覧に戻る

 

ガイドのご依頼について お問い合わせはこちらから

 

「見沼たんぼ地域ガイドクラブ」
事務局: FAX 048-832-7457 
ホームへページ先頭へ
Copyright(C)2011 Minuma-Tanbo-Chiiki Guide Club. All Rights Reserved.