埼玉県さいたま市の見沼たんぼのハイキングコースは、ウォーキングだけでなく野鳥観察や歴史・文化の観光スポット、直売所など楽しみ満載です。

HOME >> 見沼たんぼとは?

見沼たんぼとは?

埼玉県さいたま市の「見沼たんぼ(みぬまたんぼ)」は、東京から20〜30km圏にあり、面積は東京千代田区に匹敵し約1,260ヘクタールの広さがあります。

8代将軍吉宗は財政改革のために新田開発を命じ、享保13年(1727年)、見沼代用水路東緑と西緑を造る事によって利根川から水を引き、このたんぼを造りました。

見沼たんぼをウォーキングしますと、当時の面影が残っており、さいたま新都心などの高層ビル群を遠望しながら「今昔」の姿を楽しむことができます。

北部


大いなる宮(氷川神社)が鎮座する歴史文化の地域です。

加田屋


水田、斜面林、古社寺など、見沼たんぼの”原風景”が詰まった地域です。

中央


歴史ある神社仏閣、季節の花々も沢山楽しめる地域です。

南部


通船掘や江戸の建築物、緑などバラエティに富んだ地域です。

 

「見沼たんぼガイドマップ(PDF)」

 1頁(4.77MB) [ 左上 ]

 2頁(4.73MB) [ 右上 ]
 3頁(4.69MB) [ 左下 ]

 4頁(4.85MB) [ 右下 ]

 

PDFファイルを観覧するには、Adobe Readerが必要です。
下記バナーをクリックしてダウンロード(無料)してご利用下さい。

アドビ リーダーのダウンロード

 

見沼たんぼの楽しみ方

埼玉県東部に広がる見沼たんぼは、1260ヘクタールの広さを持ち、都心からも1時間ほどと、気軽に訪れることができる緑地空間です。ここには太古の歴史を感じる寺社や、四季折々の花々、斜面林、そして何よりも広い広い空が広がる畑とたんぼが、訪れる人を癒します。

 

歴史を楽しむ

縄文時代の遺跡、1000年の歴史をもつ神社、江戸時代の民家、そして見沼代用水の流れと通船堀の運河。様々な歴史遺産を楽しめます。

季節と自然を楽しむ

見沼代用水に沿って40kmも続く桜並木、寺社の祭、カエルの声、コスモスの花。モズの声が聞こえ始めると、芝川にたくさんのカモが訪れます。四季の豊かな地であればこその楽しみです。

味覚と農(みのり)を楽しむ

新鮮な野菜の直売所、ほっと一息できる喫茶店、おいしいランチが食べられる店、そして農業体験ができるところもあります。

健康を楽しむ

見沼代用水路に沿って歩く健康ハイキング、軽い散歩コース。人それぞれのペースで、人それぞれの楽しみ方で、心も軽く、歩きましょう!

 

見沼たんぼ地域ガイドクラブでは、見沼たんぼを知り尽くしたメンバーが魅力あるコースをご案内いたします。詳しくは「ガイドツアー/申込について」のページをご覧いただき、お申込み下さい。

 

ガイドツアー/申込について
ハイキングガイド

 

ホームへページ先頭へ
Copyright(C)2011 Minuma-Tanbo-Chiiki Guide Club. All Rights Reserved.